顧問弁護士のご相談、お悩み

顧問弁護士のご相談、お悩み
顧問弁護士とは?

企業が弁護士に法律相談する方法は、下記の2種類が有ります。
  • 相談したい事、案件が発生する度に、弁護士を探し、その都度相談する方法。
  • 顧問契約を弁護士結び、顧問料の範囲内で契約した顧問弁護士にいつも法律相談する方法。
多くの場合法律相談とは、単に弁護士の意見を聞きたいだけという場合が多いです。
弁護士に相談した結果、訴訟をすべきなのか?示談にすべきなのか?そもそも、何を行うべきなのか?という事を答えて欲しい方が多いです。
このような「とりあえず法の専門家からアドバイスが欲しい」「弁護士の意見を聞きたい」という場合は、「顧問契約」よる法律相談が非常に適しています。
実はお得な「顧問契約」

顧問弁護士のメリットは、料金が単発の法律相談に比べて安くなる点が有ります。

事前に支払った顧問料の範囲内であれば、何度でも自由に弁護士に相談をすることができます。
通常の弁護士に対する法律相談は、30分や1時間毎に料金が発生しますが、顧問契約をする事でその費用を大きく抑える事が可能です。
(当事務所では、無制限にご相談頂けるプランを標準的にご用意しています。)

費用面で考えると、実は「顧問契約」の方がお得なのです。

相談の内容・質が圧倒的に上回る「顧問契約」

常にその企業の事を理解している顧問弁護士がいる事は、費用以上に質に関して大きなメリットが有ります。それが・・・

いつでも相談出来る事によって、ちょっとした気付きや悩みから、将来のリスクを未然に防止出来る。

通常の相談では、小さな不安程度では中々弁護士に相談する所まで至らず、最終的に大きなリスクになってしまう事が多くあります。
社内に気になる危機やリスクが発生したときに、いつでも相談をすることができます。
いつでも相談できるというのは、リスクマネジメントにおいて最も重要なポイントの一つです。

会社の状況に応じたアドバイスを得られる

顧問弁護に相談する場合は、単発の様に初対面のコミュニケーションや、会社の現状、自分の思いや考えを伝えるといったコミュニケーションコストが一切かかりません。
会社の実態を把握し、実情に沿ったアドバイスを受けることができることは、大きなメリットとなります。

その他にも

  • 緊急時などに早い対応を期待できる。
  • 契約していることで、社外に対する信頼を獲得出来る。
  • 社内に法務部を持つより、圧倒的にコストを削減できる。

など、多くのメリットがあります。法令遵守に対する意識が急速に高まる昨今、顧問弁護士の存在は、企業に多くのプラスをご提供する事が可能です。

顧問弁護士がいる時といない時の違い

法的トラブルは、トラブル発生後に対処しようとしても解決することが困難であることが多く、事前の予防が重要です。

例えば、能力不足・業務命令に従わない従業員を解雇する場合を例にとってみてみましょう。

顧問弁護士がいる時といない時の違い

推薦者の声

株式会社FPサポート関西 代表 吉見淳史 様
すぐに対応してくれ、プロの仕事をしてくれます!

弊社は、事業や経営に関するコンサルティングの事業を行っています。

植松先生とは、大学の先輩後輩の関係です。
新規のお客様との取引には欠かせない契約書のチェック等をよくお願いするのですが、すぐに対応してくれ、いつも驚きます!

普段は後輩らしいかわいい面も見せてくれますが、仕事になればキッチリ・しっかりプロの顔になって最高の仕事をしてくれます。
いつも元気で、迅速な対応は本当に心強く、法律に関する事を自分は一切気にする事なく仕事に打ち込めます。

これからも頼りにしています!!

株式会社FPサポート関西 代表 吉見淳史 様
弁護士費用

四ツ橋総合法律事務所の顧問契約は、いつでもすぐに弁護士に御連絡いただけるようにして、経営者の方々、及び企業を守っていくサービスです。

会社、法人についての相談だけでなく、代表者個人や、従業員の方の(交通事故・相続・離婚など)の個人的な相談も受け付けています。
企業は、そこで働く人あってのものです。人を守ることが、企業を守ることにつながると信じています。

費用につきましては、月額3万円~10万円のプランをお選びいただけるようにご用意しております。
また、お客様の事業や企業内容をヒアリングして、ご相談の量や内容、会社の規模、必要レベルによって最適な内容をオススメしておりますので、まずはお気軽にご相談下さい。

個別な案件の解決などについては、別途弁護士費用が発生しますが、通常料金より10%~30%の割引料金を適用しています。

併せて、下記プラン表よりご確認下さい。

価格表
無料相談申込みはこちらから

相談・依頼から解決までの6つのステップ

STEP1 相談お申込み
NEXT STEP
STEP2 日程調整
STEP3 当事務所での相談
NEXT STEP
STEP4 施策・費用のご説明
STEP5 施策を開始
263
STEP6 問題の解決・終了
事務所概要

肥後橋オフィス所在地

〒550-0003 大阪市西区京町堀1丁目4-22 肥後橋プラザビル10F

フリーダイヤル
TEL
地下鉄四つ橋線 肥後橋駅 徒歩3分
6番出口を出て四つ橋筋を南に向かって進み(車の進行方向と逆に進む)、立正佼成会を過ぎた道路を左に曲がる 徒歩3分
地下鉄御堂筋線 淀屋橋駅 徒歩5分
13番出口(明治安田生命ビル側)を出てすぐ南の道路を西(車と同じ進行方向を向いて右)に曲がり、直進のうえ阪神高速の高架下をくぐって突当たりを左に曲がって2つ目の角 徒歩5分
肥後橋オフィス
堺オフィス所在地

〒590-0077 堺市堺区中瓦町1丁1-21 堺東八幸ビル302号室

フリーダイヤル
TEL
地下鉄四つ橋線 肥後橋駅 徒歩3分
西出口(ロータリーがある出口)を出て、南に進み(市役所側)堺東駅南口を右に曲がり、300メートルほど直進したところの右手側のビル 徒歩3分
堺オフィス
無料相談申込みはこちらから
解雇予告手当の計算方法 - 労働基準法では,労働者を解雇しようとする場合には少なくとも30日前に解雇予告をしなければならず,解雇予告...2015.2.2